December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『熊と狼 ~人と獣の交渉誌~』

来る2017年9月16日(土)から11月19日(日)まで、

東北歴史博物館(宮城県多賀城市)にて、マタギ色100%の特別展が開催されます。

 

その名も『熊と狼』

 

《詳細は上記画像をクリック!PDFファイルで開きます》

 

 

『神のつかいは ときに人をおそう』

というキャッチコピーもまた鬼気迫る凄みがあって、息を呑む。

 

さんぽく・山熊田に暮らしていると、全然夢物語ではない、むしろリアルな感触で的を射てる言葉だな、と、つくづく思います。

今年は特に熊の被害が多かったですし。

 

それに、昔から日本人が営んできた暮らしの有様、自然と共存していくその感覚など、

退化してしまったかもしれない私たちのDNAの記憶が呼び戻されそうな気さえします。

「日本人の原風景カムバーック!」みたいな。

 

感覚的にマタギは凄いとはわかっていても、理屈や史実、道具類などの資料も一同に集まり、理解を深めることができる機会というのは、本当に貴重だし興奮します。

す、すごいな、この展覧会。


その山熊田のマタギの道具類なども出張して展示される、それがこの特別展『熊と狼』!

 

» read more

シナの皮剥ぎ出張@中継集落

 もうご存知の方も多いかと思いますが、山熊田・雷・関川(山形県)の隣接する3集落では、「羽越しな布」という古代布を作っています。「樹皮で作る」という野趣味溢れる謎のスケール感がそのまま布になったうえに、完成度の高さから上品さまでそなえる自然布です。

 

このしな布、世界中の自然布の産地と同様の問題を抱えておりまして、とにかく糸にするまでが超大変!

高齢化も進み従事者数が年々減少の一途です。大変なのに対価は驚愕の低さ!などなど、

糸の生産量が全てを決めるこの小さな産業で、課題もあれこれ盛りだくさんなのですが、

嘆いてばかりもいられないので、昨年から中継集落のお母さんがたにお声をかけ、ご協力をいただいてまいりました。

 

冬は練習会を重ねて糸績みのお仕事をしていただいてきたのですが、今は梅雨!

一年で今だけできる仕事、それは『皮剥ぎ(かわへぎ)』です!

 

雨だけど、シナ績みしてくださっている中継のお母さんちの山で、皮の取り方レクチャー。

まずは使えるシナノキ(オオバorチュウバ)かどうか判別法・特徴などを説明します。

沢沿いのちょっと崖に生えてた!シナ!オオバ!

上の方まではがすには勢いあるのみ!


 

» read more

だーまた!

 私が山北・中俣に来てはじめに困ったのが、オリジナル感溢れまくる方言。

 もう、なに言ってるのか全然わからない。さらにマタギたちは独特で、気配や目線、首の動きや瞬間指差しなど、言語を使わないコミュニケーション法を使うものだから、なにがなにやらさっぱり…。

 学生時代の山形ライフで培った山形弁はほぼ通用しないし、でもちょっとだけ庄内弁っぽい。英語のほうが全然簡単、辞書もあるしって思うほどです。

 そんなど素人の私も2年が過ぎ、100%ではないけど結構わかってきた。「それどういう意味?」っていまだに1日3回は聞いてますが。

 

去年あたりからのお気に入り方言は「だーまた」です。(だーまた?だーまだ?)

当たり前だ!っていう意味です。語源もさっぱりわからない潔さ!

 

というわけで、山北中俣の当たり前だけど、他地域では全然当たり前じゃない暮らしぶりや情景をまとめたマップ&パンフを作りました。

» read more

味噌をつくる

さて、先日仕込んだの、本領発揮する時がきました。

 

パンやお酒もそうですけど、菌たちにいいお仕事してもらうために手助けするのが人間の役目、と本職の方々からよく聞きます。

人間ではどうにもならない気温や寒暖差、通気や湿度などの「気候」だったり、蔵付き菌のような在来菌だったり、手の加え方だったりと、影響を強く与える要因は様々ですよね。

 

味噌もまた、「いい条件というものは、複雑に偶然が折り重なってできるんだなあ…」と遠い目で想いを馳せざるを得ないんですね。

だってですよ?同じ豆、同じ塩、同じもやしで分量も同じに作った味噌が、山熊田のような山間と、府屋のような海沿いでは、距離にしてたった20km足らずしか離れてないのに、全く違う仕上がりになるうえ、味もぜんぜん違う。なんでどして?

 

近年は力仕事で大変だからと府屋へ味噌作りを頼んでいたけれど、わたしを人足としてあてにしてくれた結果、自家製味噌が復活します。ウェルカム手前味噌。

 

さて、さっそく作るよー。

 

どでかい鍋を薪ストーブに。大豆を水煮にします。(今回は乾燥豆1斗ほど)

茹で上がったら潰します。ミンサー便利!

きれいなシートの上に均一に崩して広げて崩して広げて、

» read more

こうじをつくる

 こちら山北に越してくる前まで「買うものだと思ってた」ものは本当に多くて、

さらに「作れるとは知っているけど、自分で作るには謎すぎて尻込む」ものもまた、多かった。

 

 そのなかでもまさに王道中の王道、「みそ&こうじ」を作る日が来ましたよー!イェーイ未開の地!!!

味噌にはこうじ(麹)が必要ですね。

麹から作ります。もやし(麹菌)からは作りません、作れません。難易度高すぎワンダーランド。

 

 

もやしの「も」の字も既にワンダーランド。


 

» read more

しな布の糸績み練習会。

ここ、村上市さんぽく地区の山熊田集落と雷集落には、国指定伝統的工芸品であり日本三大古代布の「しな布」があります。

 

古くから女性の冬仕事として樹皮からの布を織ってきました。しかし近年になってやはり後継者不足や高齢化などにより、伝統継承の危機にあります。

 

というわけで、私がこちらに来てから考えた現実的な案、近隣集落などの皆さんのお助けによる、しな布作りの保存です。

 

農閑期の冬を待って、中継集落の母ちゃんがたや総代さん、若手バリバリの皆さんと相談しながら、やっと実現!

糸績み練習会in中継!

 

前日に、中継総代の孝一さんが練習会の旨を素晴らしい文章で全戸放送してくれて、続々と、こんなに集まってくれました!ううう。

本当にたくさんいらしてくれたので、急遽、講師先生あさこさんを山熊田から増員しての大イベント!

 

「せっかくあなたが張り切ってるのに、誰もこないんじゃ可哀想だと思って来たわ(笑)」と、

まっすぐな慈しみのお気持ちと、私のダダ漏れた不安をくんで下さっての1日目です。ありがたいです!

» read more

たぐって解った、たぐり飴。

もうかれこれ20年ほど前から気になっていた、米や穀物から水あめを作れるらしいという薄ボケたワクワク情報を、

まさかさんぽくで思い出させてくれるとは!

 

さんぽくでは、水あめのことを「たぐり飴」というそうで、もち米と「飴もやし」という謎の素材から作られています。

 

「もやしといえば、麹のことでねの?味噌とかこしゃえる」←覚えたて山北弁

「いーやちごう(違う)。飴もやすは、あれはなんだろ、飴もやすというまた別なものだ。あ・め・も・や・す」

と断言されまして、謎は深まる一方で。

 

あめもやし、あなたは一体誰なんだ?

 

 

» read more

水源は滝の上。

山北に来てシビれるくらい驚いたのは、きれいな水がものすごく豊かだということ。

海も川もため息もれるレベルの美しさなのはわかりやすく驚けるのですが、

生活に寄り添う水が、本当に豊か。

 

多くのご家庭の蛇口からは清水や沢水がフリーで出てるし、「ため」と呼ばれるマイ池が家の傍にある家も多くて、

野菜や工芸材料や道具を洗ったり、魚を飼ったりするのに大変便利!

冬は融雪にも使うから、もはや山の水ありきの暮らしなのですが…、

 

あれ?止まった?! 蛇口ひねっても出てこない!!!

そういや、自分も恩恵にあずかっている水の正体を知らないってどうなの?

 

というわけで、急遽、村の爺やがたと水源整備に行くことになりました。

「うぇぞー(上沢)」の先の滝の上から取水してる、という情報しかわからず(山の地名がイマイチわからないので謎増し)

さっぱり想像すらできません。

 


車で上流へ。下車してさらに沢沿いに奥へ進みます。すごい奥地だったらどうしよう…。結構軽装で来てしまった。

» read more

金色ヤマドリ。

 

 

家に帰ったら、

 

なんとも立派なヤマドリが!!
 

村上市のここ山北では11月15日に猟期が始まりました。

 

 

» read more
12345>|next>>
pagetop