September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

平日の雪下ろしと山形。

だいぶご無沙汰してしまいました。

 

山熊田は今日も銀世界です。

っていっても、暖冬だと世間でも言われているとおり、今年は雪が少ないです。

「ほらね」とは言えない感じの積雪量ですが…。

 

正月明けまで雪下ろししなくてよかったんです。わーい。

しかし、その初雪下ろし、イレギュラーの平日に行われました。

朝、機織りに行ったら、それどころじゃなかった。

 


背後の暗雲半端ねえ。 

曇り、吹雪、晴れ、吹雪、曇り、吹雪…と目まぐるしく変わる天気、

「山の天気かよ!」とツッコミ入れたくなるけど、ここ、山でした。

 

よそ手伝ってる場合じゃねえぞ、と午後から二軒目の自宅。二日目も自宅。

雪オロC。

 

平日は若い衆が仕事に出てしまうので、普段は週末に下ろすのですが、

この週末は村の若い衆で山形へ行く計画を立てていました。

屋根上の雪の重みがワーストタイミングでMAXになってしまって、てんやわんや。

思い立ったらもうやらずにはいられない、それが山の暮らし。

 

無事終わって(筋肉は無事じゃないんだけど)、週末だ!出発だっ!

レッツゴー!

と出かけた矢先、熊の足跡発見!マジか。

マタギ衆そわそわ。あぶねえ、みんな長靴履いてなくてよかった(笑)。

 

 

なんで山形かというと、昨年2月に亀山くんが「山熊田」という写真集を出版して、

それに反応してくれた東北芸工大の宮本さんが、展覧会やいろんなイベントを企画をしてくれたからです。山形で。

東根のまなびあテラスで写真展。2019年2/24まで。

 

しかも初日この日12日、亀山亮×山川徹のトークショー。

被写体でもある山熊田大沢中継連合隊しめて10名で乗り込みました。

他にも村の爺や婆がたも大判の写真にいて、遠くまで来た感覚が混乱。

 

第二部は山形市のとんがりビルに移動して、

(写真は宮本さんのFBから拝借させていただきました)

モデレーター芸工大の宮本さん、山伏&イラストレーターの大三郎さん、新潟市沼垂(ぬったり)の写真集専門店小倉快子さんと亀と私とで、トークイベント

熊カレーも可愛くてスパイシーでめちゃうまい!体喜ぶうまさ!

ゆかちゃん美味しくしてくれてありがとう!

 

山熊田勢はもう早くお酒飲みたい!ってなってるだろうなーと気になってたけど、

お預けタイムも乗り越えて、終了後速攻で居酒屋へ。

どこで飲んでも空気が山熊田になっちゃうのがすごい。

 

飲み会だけでもカオスでトライアスロンみたいになってたのに、2日連続で喋り倒しでヘトヘトだろう亀山くん、タフだー。

 

雪下ろしのはしごだけじゃなく、念願の飲み屋はしごも思いっきりやってしまい、

小倉さんを「やすこー!」と叫ぶレベル。

村上市の朝日から来てくれた菅井くん、芸工大の学生たち、スタジオ35分の酒さんに至っては「あ、行けちゃうな」って新幹線に乗って飛び入りだ。

道で穂積繊維のカズちゃんにあったかい帽子もらったり、晴子やブーちゃんも来てくれて元気そうで、

すごいエネルギーの渦でした。

2時3時までハシゴなんて、山熊田では考えられない。お店そのものがないから!文明サイコー!

 

 

泥で廃人と化した翌朝の私を尻目に、山熊田軍団はケロっとしてて、内臓のレベルの違いを見せつけられました。

すげー。あはは。おもしろかった!

 

亀山川、企画してくれた宮本さん、みなさん、ありがとうございました!

シナの皮剥ぎ出張@中継集落

 もうご存知の方も多いかと思いますが、山熊田・雷・関川(山形県)の隣接する3集落では、「羽越しな布」という古代布を作っています。「樹皮で作る」という野趣味溢れる謎のスケール感がそのまま布になったうえに、完成度の高さから上品さまでそなえる自然布です。

 

このしな布、世界中の自然布の産地と同様の問題を抱えておりまして、とにかく糸にするまでが超大変!

高齢化も進み従事者数が年々減少の一途です。大変なのに対価は驚愕の低さ!などなど、

糸の生産量が全てを決めるこの小さな産業で、課題もあれこれ盛りだくさんなのですが、

嘆いてばかりもいられないので、昨年から中継集落のお母さんがたにお声をかけ、ご協力をいただいてまいりました。

 

冬は練習会を重ねて糸績みのお仕事をしていただいてきたのですが、今は梅雨!

一年で今だけできる仕事、それは『皮剥ぎ(かわへぎ)』です!

 

雨だけど、シナ績みしてくださっている中継のお母さんちの山で、皮の取り方レクチャー。

まずは使えるシナノキ(オオバorチュウバ)かどうか判別法・特徴などを説明します。

沢沿いのちょっと崖に生えてた!シナ!オオバ!

上の方まではがすには勢いあるのみ!


 

» read more

しな布の糸績み練習会。

ここ、村上市さんぽく地区の山熊田集落と雷集落には、国指定伝統的工芸品であり日本三大古代布の「しな布」があります。

 

古くから女性の冬仕事として樹皮からの布を織ってきました。しかし近年になってやはり後継者不足や高齢化などにより、伝統継承の危機にあります。

 

というわけで、私がこちらに来てから考えた現実的な案、近隣集落などの皆さんのお助けによる、しな布作りの保存です。

 

農閑期の冬を待って、中継集落の母ちゃんがたや総代さん、若手バリバリの皆さんと相談しながら、やっと実現!

糸績み練習会in中継!

 

前日に、中継総代の孝一さんが練習会の旨を素晴らしい文章で全戸放送してくれて、続々と、こんなに集まってくれました!ううう。

本当にたくさんいらしてくれたので、急遽、講師先生あさこさんを山熊田から増員しての大イベント!

 

「せっかくあなたが張り切ってるのに、誰もこないんじゃ可哀想だと思って来たわ(笑)」と、

まっすぐな慈しみのお気持ちと、私のダダ漏れた不安をくんで下さっての1日目です。ありがたいです!

» read more

カブ漬け下漬け。

村上市さんぽく地区小俣で、毎年大好評な「そば祭り」。

今年もお手伝いさせてもらいました。

私以外全員先生!ゴージャス!!! 

10割そばをなんとか上手く打てるようになった頃、コウスケ先生とカブ収穫の約束をしました。

 

2日後の朝!

コウスケさんの母ちゃんが、農女ファッション一式くれた!

neoボシ、neoボシ、ボシ、腕カバー。全部手作りだウワー☆

テンション上がる〜!!!

 

 

» read more

カブ漬け本漬け。

11月上旬なのに、なのに…、

 

どうもやたらと寒いと思ったら、


砂利みたいなアラレが降ったぞ。

山の向こうから轟音が近づいてきたかと思ったら、ごごごごご。サンドブラスト直撃な気分。

 

アラレが止んだ瞬間、「カブ漬けっから」と、いきなりの始まりの合図!お、おう!

» read more

しな布のつくりかた。

 

うはー。

ひとまずできた、しな布図鑑みたいなホームページ。作りました。

 

奇跡的に現存してる樹皮製古代布の、伝統技術の記録が一番の主旨ではあるんだけれど、

「しな布ってすごいでしょ?こんなに作るの大変なんです!」

っていうことじゃなく、情緒や匂い、感触とか、ここの人のひたむきさとか、こんな村だから続いてきたというような背景が、少しでも皆さんに伝えられたら嬉しいなあ。

1年半以上も撮影や手順の理解にかかったけど、それでもまだまだわからないことばっかりです。

理解が深まるたびに、少しづつリニューアルしたいと思います。

 

しかし、羽越しな布振興協議会のHPには全21行程って書いてあるけど、実際はもっと多くねか?

身の丈がでかい敬老会。

私事なのですが、昨年4月にここ山北に来たわけですけど、8〜9月の2ヶ月間別府におりましたので、

この季節の山北、実は私、初体験♡

 

昨年もお誘いいただいてたけど参加できなかった、念願の大代の敬老会!イェス!

 

大代集落は本当に手弁当で身の丈で、心のこもったイベントをする類稀な村で、

その個人レベルのあったかさが村じゅうに蔓延しててジワジワくる、最高に心地いい集落で大好きです。

食べ物だけでなく、エンタメも自給自足のたくましさ。

 

とうとう参加だっ!

と、その前に、

夜の公民館で踊りのお稽古!あわわわわ。振り覚えるのむずかしい…。

 

 

» read more

シナの煮込み。

じめじめじめじめむしむしじめじめ…。

日本ならではのこの季節がやってきましたね!

 

さんぽくでは雪が消えた春から早速、次の冬に向けて切ったり割ったりの薪の準備を始める方も多いのですが、

蒸し蒸し暑いこの時期になっても薪の煙が絶えないのが、山熊田です。

 

なぜなら、1200年以上続けられてきた樹皮製織物「しな布」、その原料を仕込む季節だからです。

 

しーな君。

 

» read more

育った鮎と、育とうと思った人。

「そっちもすごい雨だろ?明日の放流は中止にするから」
と、遠足さながらにワクワクしてた予定日前夜に組合長さんからお電話。

うっかり窓を開けっ放しにしてお布団ビショビショになったレベルの、まさかの大嵐で。とほほ。

予定日の翌日、雨は降ったり止んだりですが、嵐ではないので孵化場に集合です!
待ってました!

よろしくお願いしまーす!!!
» read more

大須戸能と山熊田熊。


餅つきや出店、お面の展示など地元の人たちから観光客まで大勢の人で賑わう4月3日、村上市大須戸(おおすど)は春祭りです。


よいしょ!
 

ここ大須戸では、お能の文化が継承されていると聞いてはおりましたが、

今回初めて拝観いたしました。

 


 
» read more
123>|next>>
pagetop