September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アメージング川。


「海と山、どっちが好き?」という問いに、まっすぐな目で「川です!」と即答するほど大好き、どうもスズキです。

さんぽくに来てからというもの、私のパソコンの画像フォルダが大変です。


こんな素敵な川だらけだもの!!!
水って、水色なんですねー。

 
今まで、各地に赴いては、ごく私的で勝手な「川ランキング」をつけていまして。
人間てば勝手ですよねー。

数年間私史上1位に君臨していたのが、富山県の早月川だったのですが、
なんと、こちらに来て逆転してしまいました。スミマセン早月川。

さんぽくに流れる川という川が、もう本当に穏やかに澄んでいて、季節ごとの表情もいちいち圧倒的です。


コド漁でおなじみ、大川の上流ですよ。
飛び込みたいです。
でも足だけ入ったら、痛い!冷たくって痛い!!!


もう、ゴクゴク飲みたい。



こちらは大川の支流、小俣川の春先。おもしろい名前の山、日本国が厳かにそびえてるぜ。



これまた大川の支流、中継川の金平橋のあたり。雪解け水感が半端ない!



夏ですよー。鮎の季節ですよー。あの岩陰にいそう…。



小俣川でみなさん川遊び。ですよね!気持ちいいですよねですよね!!!



荒川集落には、プライベートビーチならぬプライベート河原っぽい階段が、お庭からダイレクトに川へ。
なんなんですか、その素敵な暮らしっぷりは!最高じゃないですか!!!



中継には「桂淵」という名勝まであるんです。吊り橋!(でも渡っちゃダメみたいです)



はわわわわー。渡ってみたい。



橋といえばこちら!大代集落にかかる、丸太杉の橋!渡れるよ。
地元に暮らすみなさんのテクニックが凄すぎて、車でも渡ります。見てるだけでも乗せてもらっていてもチビリそうになる。


なんかもう、嬉しい一枚。

女子大生だってはしゃぎますよ!ええ、ええ!


水路掃除をしててもたくさん居た(掬ってしまった)イモリ、ここにもたくさん。

川の隅っこにもイモリ!大自然の中で女子大生にたぶらかされてて、イモリ、なんか頑張っててかわいい。
ていうか、農業用水の水路の水さえ、スーパークリアなんですよ!


スーパークリア水路。(大代と雷の間のあたりです)


こんなに美しい川の理由の一つは、さんぽくにはブナなどの広葉樹の豊かな森が広がっているからでしょう。

雪解け水は府屋の海まで流れます。

それに、山北は

湧水もたくさんあるんだぞ。



これは小俣のラジウム清水。日本国トンネルを抜けるとすぐあります。


水源だらけのさんぽく。
なんて天国なんだろう。にっぽんバンザーイ!
鮭も、岩魚も、ヤマメも、鮎も、イモリも、私も、
さんぽくの川、大好きだ!

川が素敵すぎて、アメージング。

あれ、なんでだろう。
ノロけたみたいな記事になってる。


 

スポンサーサイト

comments

あなたが挙げている川はどれも川好きを名乗るレベルには、達しません
上流部に行けば綺麗ってなら日本には吐いて捨てるほどあります。でもそんな所は水温も低く、開放感も無く、カッパ天国とは言えません。貴方が挙げている川はことごとく川に潜って泳いでない人のネタだとわかります。浅いから水底が見えているのを綺麗と勘違いしている。本当に綺麗な川ならば、深さ10mの底でも見通せます。海のすぐ、河口部から綺麗。
川好きを名乗るなら、一度でいいから三重県の銚子川に行ってみて下さい。
http://www.town.mie-kihoku.lg.jp/hpdata/news/chosigawamap.html
貴方はこのページの写真で水色と表現してますが、どうみてもドス緑です。銚子川に行けば河口部から水色の川が拝めます

  • 川好き
  • 2016/10/05 4:11 PM
   
pagetop