September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

平日の雪下ろしと山形。

だいぶご無沙汰してしまいました。

 

山熊田は今日も銀世界です。

っていっても、暖冬だと世間でも言われているとおり、今年は雪が少ないです。

「ほらね」とは言えない感じの積雪量ですが…。

 

正月明けまで雪下ろししなくてよかったんです。わーい。

しかし、その初雪下ろし、イレギュラーの平日に行われました。

朝、機織りに行ったら、それどころじゃなかった。

 


背後の暗雲半端ねえ。 

曇り、吹雪、晴れ、吹雪、曇り、吹雪…と目まぐるしく変わる天気、

「山の天気かよ!」とツッコミ入れたくなるけど、ここ、山でした。

 

よそ手伝ってる場合じゃねえぞ、と午後から二軒目の自宅。二日目も自宅。

雪オロC。

 

平日は若い衆が仕事に出てしまうので、普段は週末に下ろすのですが、

この週末は村の若い衆で山形へ行く計画を立てていました。

屋根上の雪の重みがワーストタイミングでMAXになってしまって、てんやわんや。

思い立ったらもうやらずにはいられない、それが山の暮らし。

 

無事終わって(筋肉は無事じゃないんだけど)、週末だ!出発だっ!

レッツゴー!

と出かけた矢先、熊の足跡発見!マジか。

マタギ衆そわそわ。あぶねえ、みんな長靴履いてなくてよかった(笑)。

 

 

なんで山形かというと、昨年2月に亀山くんが「山熊田」という写真集を出版して、

それに反応してくれた東北芸工大の宮本さんが、展覧会やいろんなイベントを企画をしてくれたからです。山形で。

東根のまなびあテラスで写真展。2019年2/24まで。

 

しかも初日この日12日、亀山亮×山川徹のトークショー。

被写体でもある山熊田大沢中継連合隊しめて10名で乗り込みました。

他にも村の爺や婆がたも大判の写真にいて、遠くまで来た感覚が混乱。

 

第二部は山形市のとんがりビルに移動して、

(写真は宮本さんのFBから拝借させていただきました)

モデレーター芸工大の宮本さん、山伏&イラストレーターの大三郎さん、新潟市沼垂(ぬったり)の写真集専門店小倉快子さんと亀と私とで、トークイベント

熊カレーも可愛くてスパイシーでめちゃうまい!体喜ぶうまさ!

ゆかちゃん美味しくしてくれてありがとう!

 

山熊田勢はもう早くお酒飲みたい!ってなってるだろうなーと気になってたけど、

お預けタイムも乗り越えて、終了後速攻で居酒屋へ。

どこで飲んでも空気が山熊田になっちゃうのがすごい。

 

飲み会だけでもカオスでトライアスロンみたいになってたのに、2日連続で喋り倒しでヘトヘトだろう亀山くん、タフだー。

 

雪下ろしのはしごだけじゃなく、念願の飲み屋はしごも思いっきりやってしまい、

小倉さんを「やすこー!」と叫ぶレベル。

村上市の朝日から来てくれた菅井くん、芸工大の学生たち、スタジオ35分の酒さんに至っては「あ、行けちゃうな」って新幹線に乗って飛び入りだ。

道で穂積繊維のカズちゃんにあったかい帽子もらったり、晴子やブーちゃんも来てくれて元気そうで、

すごいエネルギーの渦でした。

2時3時までハシゴなんて、山熊田では考えられない。お店そのものがないから!文明サイコー!

 

 

泥で廃人と化した翌朝の私を尻目に、山熊田軍団はケロっとしてて、内臓のレベルの違いを見せつけられました。

すげー。あはは。おもしろかった!

 

亀山川、企画してくれた宮本さん、みなさん、ありがとうございました!

スポンサーサイト

comments

   
pagetop