September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

育った鮎と、育とうと思った人。

「そっちもすごい雨だろ?明日の放流は中止にするから」
と、遠足さながらにワクワクしてた予定日前夜に組合長さんからお電話。

うっかり窓を開けっ放しにしてお布団ビショビショになったレベルの、まさかの大嵐で。とほほ。

予定日の翌日、雨は降ったり止んだりですが、嵐ではないので孵化場に集合です!
待ってました!

よろしくお願いしまーす!!!
» read more

わらびの山分け。

ゼンマイ採りの時期が終わると、今度はすぐにワラビシーズンです。
もちろん自分の山へも採りにいくのですが、
山熊田には集落共同の山があり、ワラビ採りやその整備を皆でやったりします。

収穫は、集落内で行きたい人を募り、組になって決められた日に山へ行くシステムがあって、今年は私も同行させてもらえることになりました!イェス!ワンダーランド!

よーし!レッツゴー。雨だけど。
» read more

育てる人と、育つ鮎。

山北のあちこちで田植えが行われている5月は、山菜取りシーズンも重なって、大わらわです。

そんな新緑真っ盛りの中、車を走らせると、小俣集落と岩石集落の間に「渡っていいのかなあ、渡ってみたいなあー」といつも通るたびに思わせる、超いい感じの吊り橋があります。
鮮やかな緑の中で映えまくって、今日はなんだかさらにいい感じ。ルネッサンスかよ。


旅情感そそりまくり。(旅行中じゃないけど)

その日は、そこの道端に車が一台停まっていて。
「誰かいる!」

というわけで、渡ってみることにしました。
 
» read more

ゼンマイ採り入門。

「ゼンマイが一年の稼ぎだったさげ、まんず若え頃はどこまでも行ってはデデンと採って背負ってきたんだ」

と、さらっとした日常会話なんですが、実は結構なことだったりする、山北の秘境、”山熊田”。

「へー、そうなんですねー。」なーんて相づち打ってますけど、そんな私は全くピンときてないその景色。
やってみなくちゃわからない!
というわけで、ゼンマイ採りシーズン最盛期の今、一緒に連れて行ってもらいました。

ふふふ。スパイク足袋で無敵だぜ。

たまたま手に取った超でかいテゴ(背負いカゴ)を荷縄で背負うやり方を教えてもらったんですが、
背負ったら、元ゼンマイ採りクイーンのお婆ちゃん爆笑。ゼンマイ採り初心者のくせに、どんだけ採ってくる気なんだ的な。
よーし、このテゴに「参った」と言わせたるぜー!(←無知ゆえの自信)
» read more

中継の満開が楽しみで。

山北地区の中継(なかつぎ)集落。山熊田へ続く県道沿いには、厳かに並ぶ枝垂れ桜があります。

今年もいよいよ、中継・桜祭りが行われます。4月24日から5月5日まで。

海沿いの府屋あたりではすでにソメイヨシノが満開で、今年は開花がまあ早い!ぽっかぽか。

どうするどうなる桜祭り…、と落ち着かない中、今週月曜日は寒かった!


寒いどころか雪降った!っていうか積もったし!まじかー。

» read more

大須戸能と山熊田熊。


餅つきや出店、お面の展示など地元の人たちから観光客まで大勢の人で賑わう4月3日、村上市大須戸(おおすど)は春祭りです。


よいしょ!
 

ここ大須戸では、お能の文化が継承されていると聞いてはおりましたが、

今回初めて拝観いたしました。

 


 
» read more

文化財履いて山を行く。

村上市山北地区。海と山がギュッとあります。
すごく変な地域でして、海側は全く雪がなくて晴れていても、ちょっと山側へ進めば雪降ってるしすごく積もっているし。
18kmくらい車で走っただけで、3ヶ月ほどをタイムスリップしている気がするほど変なんです。

海側はカラリと春先ですが、まだ雪が残る山熊田。
そこで20年ほど前から行われている「かんじきトレッキング」に行ってきました。
今回も案内人は山に詳しい地元山北人や、山熊田マタギのみなさんです。

晴れた!誰だ?!晴れ男。
 
» read more

トコロ変われば、山の芋。

昨年の秋のこと。

念願の山芋掘りに同行させてもらいました。

今考えたらだいぶ恥ずかしいのですが…。
道端の斜面とかにツルが伸びてたら掘る!くらい結構ナメた考えを漠然と持っていたわけで…。
そんなわけなかった!山はだいたい誰かの山なのです。勝手に掘っていいわけなかった!
そりゃそうだ。私も皆さんも気をつけましょう。


というわけで、「マジでそこ降りるんすか?!」と全然道路っぱたではない山道の斜面をぐいぐい下ります。

 
» read more

かあちゃんたちの数珠。

およそ毎月24日、『念仏(講)』が行われるこの界隈。

集落の女性が集まって、念仏を唱えたあとお茶のみをするコミュニティラウンジ&供養の場なのですが、
2月だけは「祈祷念仏」と呼ばれる、幸せを願うスペシャルイベントとして、3〜4日間行われます。


主役のお地蔵さまとお数珠さま。


 
» read more
<<back|<1234567>|next>>
pagetop